スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワーキングホリデー SIN(Social Insurance Number)

今日はSIN(Social Insurance Number)を取得しに行ってきました。
*SINとは雇用保険番号のことで、これがなければ基本的に働くことは出来ません。


普通は申請書類がいるはずなんですが…
パスポートとワーホリビザだけで取得できました。

<流れ>
まず受付に行き、パスポートとビザを見せます。
 ↓
係員がチェックし、名前を呼ばれるまで椅子に座って待つように言います。
 ↓
別の係員が順番に名前を呼んでいきます。呼ばれたら指示に従ってカウンターに行きます。
ここでもパスポートとビザを見せます。
 ↓
電話番号と住所を聞かれます。後からカードが送られてくるからです。3週間~4週間かかるそうです。
 ↓
チェックした後、母親の名前と旧姓、父親の名前を聞かれます。普通に答えれば問題ないです。
これで、完了です。
*多くの人が並んでいる為、取得するのに時間がかかります。
私は1時間半かかりました。2月頃に行った友人は3~4時間かかったそうです。


<サレーのオフィス>
7404 King George Highway Surrey, BC
*サレーステーションから321のバスに乗って行けば着きます。


<主要都市のオフィス所在地>

【バンクーバー】
Vancouver Human Resource Centre of Canada
#415-757 W. Hastings St. Vancouver, BC V6C 1A1
TEL: (604) 681-8253
>>地図で場所を確認する(GoogleMap)

【トロント】
Toronto Centre Service Canada Centre
Arthur Meighen, 1st Floor 25 St Clair Avenue East, Toronto, Ontario, M4T 3A4
TEL: (416) 973-6915
スポンサーサイト

ワーキングホリデービザ申請から許可が下りるまで

ビザ申請はとても簡単でした。
申請ガイドの通りに書くだけです。

ビザ申請の書類をを【2008年11月14日】に出しました。
書類は漏れがない様何度もチェックしました。

申請書は念のためコピーをとっておくことをおすすめします。

私は許可の受け取りをメールにしたので、迷惑メールフォルダチェックの毎日でした。。
メールではなく、郵送で受け取る方をお勧めします。
もしくは、フリーメールではないアドレスが良いと思います。

許可が下りたのは【2008年12月15日】です。
だいたい1ヶ月で許可が下りるみたいです。

メールが来た時は本当に嬉しかったです☆
実感が湧きました。


ビザ申請は業者に任せるのではなく自分で申請するのが良いと思います!
達成感があります!

本当に簡単なので、申請する方は挑戦してみてください。

テーマ : カナダ - ジャンル : 海外情報

ワーキングホリデービザ申請(申請方法、プログラム参加費)

ビザ申請のプログラム参加費(PPF)についてです。

2009年度の詳細です。

下記の金額はPPF参加費CD$150を大使館レートで日本円に換算したものです。
お振込みの前に金額をご確認ください。

支払いは日本円の銀行送金のみ受け付けます。日本全国のどの銀行からでも送金可能です。

こちらは、ワーキングホリデー専用の口座です。

金融機関名: シティバンク銀行
支店名(店舗コード): 本店(730)
科目: 普通
振込先氏名: CANADIAN EMBASSY
口座番号: 7645782

振込人の氏名欄に申請者のフルネームをローマ字もしくはカタカナで記入してください。なお、送金にかかる銀行手数料は申請者の負担となりますので予めご了承ください。送金に当たっては、プログラム参加費の金額のみ送金してください(他の交換レートを使ったり、余分な料金を足したり、金額を分割して送金しないよう、くれぐれもご注意ください)。代理店名での振込みは受付できません。必ず申請者ご本人のお名前での振込みをお願いします。

申請する前に必ず参加費の支払いを銀行で済ませてください。申請書に必ず振込控えのオリジナル原本を添付して申請してください(コピーは不可)。次の方法での支払いは受け付けられませんのでご注意ください:インターネットバンキング、小切手、郵便局発行の普通為替証書、現金、クレジットカード等々。指定外の方法で支払いをした申請書はすべて返送されます。



私は三菱東京UFJ銀行のATMから振込みました。手数料は262円でした。



詳細はカナダ大使館ホームページ:http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_info.shtml

ワーキングホリデービザ申請(申請方法、提出書類)

ビザ申請に必要な書類です。

【提出書類】

1.チェックリスト

2.ワーキングホリデーアンケート用紙

3.ワーキングホリデーの申請書

4.6ヶ月以内に撮影した45mmx35mmの写真2枚。写真は重ねて申請書1枚目の右上の裏側に顔が
見えるようにして、ホチキスで止めてください。詳しい写真の規格については添付の「写真規格」をご覧ください。

5.パスポートの必要情報が記載されている頁のコピー(写真のついたページ)

6.プログラム参加費(PPF)の振込控えのオリジナル原本

7.もし、ワーキングホリデー就労許可発給の通知書をEメールで受け取りたい場合は、その申請書

8.ご自分の日本の住所・氏名を記載し90円切手を貼った返信用封筒(12x23.5cm 定形最大サイズ)※1
申請書類が大使館に届いた旨の連絡を受けたい場合は、ご自分の日本の宛先を記載した官製はがき(希望者のみ)※2

※1 審査結果をEメールで受け取る場合は、8.返信用封筒は提出しなくて結構です。
※2 宛先のない9.はがきは、返送いたしません。

3を先頭に9までを順番に揃え、左上をホチキスで留め、1のチェックリストと2のワーキングホリデーアンケート用紙(この2点はホチキス止め不要)を上に添えてA4サイズ(24cmx33cm)の封筒に入れご郵送ください。


☆★ワンポイントアドバイス★☆
許可発給の通知書は郵便で受け取る事をお勧めします。
私はE-mailで受け取りましたが、フリーメールだった為、迷惑フォルダに入っていないか毎日確認するのが大変でした。


詳細はカナダ大使館ホームページ
http://www.canadanet.or.jp/p_c/whp_info.shtml
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。